読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てんてこまいまい

イベントのレポやライブの感想。たまーーに日常

2日目の感想、箇条書きと総括


1日目と異なる感想部分だけ抽出して、箇条書きにしました。



2日目もやはり登場でめちゃくちゃ笑った。

あとd!ってアルファベットがズームする演出に声出して笑った。やめてくださいい!!


声調子ちょこっと悪そうで、それを本人も少しまずい的な顔をしつつも笑顔してたから泣くほど心配になってしまったけど、今思い返すとあの瞬間だけでずっと無双してくれた。

小野さんに笑ってもっとって言われると笑っちゃうよな。


キスキスキス、今回結構粘ってた笑 欲張ってた。そして切り替えの早さにやはり爆笑であった。


お花とかのお話してくださった。


1日目はよく見えてなかった演出。エンブレムのディスコのやつ。カヤさん?フラメンコダンサー。あの時だけは小野さんから目を離してしまったくらい情熱的なダンスでした。


2日目改めて雨音も結局泣いた。咳払い一つ聞こえないくらいの沈黙のなかパチンと響いた傘閉じる音。最後列まで聞こえました。

残された主人公の孤独感を表現する素晴らしい演出でした。寂しげなDさんの姿が頭から離れない。ベンチに座ったのはDさんじゃなくて雨音の主人公だった彼だったと思いました。

これ完全に癖なんですけれど、傷付いてたり落ち込んでたり、悲しんで弱ってる男性好きなんです。だからもう駆け出して抱きしめたい衝動に。護らなきゃ!!って思いました。あの瞬間だけ。それ以外はずっと我らがヒーローで誇らしかったです。だから、やはり小野さんは元々演技力の高い人だと改めて思いました。普段あんなにふざけてる人なのにそれすら忘れさせる表現力。


改めてヒーローはいい曲だと思った。青を背負うDさんは本当にヒーローでした。空に飛び立つ〜のフレーズでもう泣いて泣いて。


キンモクセイ、最高すぎた!イントロ一瞬で上がった歓声とスムーズなカラーチェンジ。

オレンジと黄色混ぜこぜで本当に綺麗だった。武道館一面のキンモクセイに泣き崩れてしまった。そして多分大声で歌ってしまった。申し訳ない。・°°・(>_<)・°°・。

一生どころか来世まで消えない思い出になった。小野さんと小野さんファンであるチームD全てを愛おしく思いました。



シアワセなリス聴きたかったけど、残念。でも今思い返すと今回の流れでは入れづらい曲だったかとも思った。


帰ってから久しぶりに雨音のpvを見た。大泣き。傘をね一人ぼっちになっても相合傘のように片側を空けてさす姿に泣いてしまった。


1日目にホテルで雨音のお礼を手紙で書いたら、2日目の時に小野さんも雨音歌えてよかったっておっしゃってて嬉しかった。公演後読んでくれたら嬉しいな。貴方だけじゃなくて嬉しかった奴はここにもいました。



けっきょく二日間。泣いて笑って放心して、そしてなにより今のこの幸せを噛み締めての繰り返しだった。

嫌いな時もあった。でも今日という日に好きという気持ちでたどりつけてよかった。この先何があってもずっと大好きだと思う。

母親が学生の頃好きだったアーティストが若くして亡くなった。その人の写真を今も額に入れて家族写真と一緒に飾っている。小野さんもきっとそんな風にわたしにとって大切な存在であり続けるんだと確信してしまったら帰り道もずっと泣いてた。家族とか友人とか恋人とか、そういう枠ではなく、近くて遠い大切な人としてあり続けるんだ。


日が経つにつれて、このライブ二次創作物かしらと思うくらい出来すぎていた。お互いがお互いの存在に救われてるだなんて。小野さんを応援していると不思議に自分も励まされるんだ。彼を好きでいると不思議と自分も好きになれる。こんな存在人生の中で出会えるかしら?うぅ、これ書きながらも半泣き。そんなに泣き虫ではないんですがね、Dさん関係はどうにもいけないです。

小野さんが持ちつ持たれつこれからもよろしくねっていってくださったのが本当に嬉しかった。

いつも勝手に救われているだけだけれど、まっすぐに小野さんを見つめることのできる素晴らしい皆さんの中、1人斜に構えてぼんやりしたり、見てませんいや見てたけど見てませんとかやってる野良猫みたいな私だけど、小野さんの支えの1人に慣れてたとしたらこんな嬉しいことはない。ファンの本望です。


ライブ後あまりの楽しさについ、次いつやる?っていっちゃった小野さん。感情のままに表現できるところに憧れます。逆算せず今の想いのままに生きる小野さんをこれからも応援させてください。

2日間夢の時間をありがとうございました。


最後に、円盤待ってます!